« 有名人に遭遇したんだよ。 | トップページ | ビャハはついに超次元の力をも取り込んだのだ »

大喰とヘルゲート・ムーンの処理について

結論:ヘルゲートムーンの蘇生対象に、大喰の効果を適用しマナゾーンでタップしたクリーチャーは選べる。

■本文一部修正(2012/09/16 21:14)

大喰の超人(むちゃぐい・ジャイアント)

■自分のマナゾーンのカードをタップする時、そのうちの好きな枚数のカードの、マナの数字を2または3にしてもよい。
■自分のマナゾーンのカードをタップした時、そのカードを自分の墓地に置く。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする) 

神羅ヘルゲート・ムーン
■究極進化−自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、クリーチャーをすべて、自分の墓地からバトルゾーンに出す。その後、相手は自身のクリーチャーをすべて、墓地からバトルゾーンに出す。
■T・ブレイカー

以下、処理手順の詳細。

1.《大喰の超人》の一つ目の効果を使用し、マナゾーンのカードを5枚タップし10マナ発生させる。この瞬間《大喰の超人》の2つ目の効果がトリガーするが、カードをプレイする最中なので一旦保留。

そして、《神羅ヘルゲート・ムーン》を召喚。ここで、《神羅ヘルゲート・ムーン》の場に出た時の効果もトリガーする。

1.マナゾーンのカードを適宜タップし、《神羅ヘルゲート・ムーン》を召喚。

この時、マナゾーンのカードがタップされたので《大喰の超人》の2つ目の効果がトリガーするが、カードをプレイする最中なので一旦保留。

また、《神羅ヘルゲート・ムーン》の場に出た時の効果もトリガーする。

2.この時点で、

・《大喰の超人》のマナをタップした時の効果
・《神羅ヘルゲート・ムーン》の場に出た時の効果

の2つが効果の処理が保留されている。

保留されている効果を処理する順番はプレイヤーが選べるので、以下の2つのパターンが考えられる。

(1)《大喰の超人》の効果→《神羅ヘルゲート・ムーン》の効果の順で解決。
(2)《神羅ヘルゲート・ムーン》の効果→《大喰の超人》の効果の順で解決。

ここで、(1)の手順で効果を処理すると《神羅ヘルゲート・ムーン》の効果処理の時点で、マナゾーンでタップしたカードは既に墓地に送られているのでクリーチャーであれば蘇生対象となる。

|

« 有名人に遭遇したんだよ。 | トップページ | ビャハはついに超次元の力をも取り込んだのだ »

DM(ルール)」カテゴリの記事

コメント

「2つ目の効果がトリガーするが、カードをプレイする最中なので一旦保留」というのがわからないのです。

なぜクリーチャーが持つ2つの効果を処理する間に、別のクリーチャーを召喚できると思ったのか。

大喰の超人の効果を全て解決した後に、神羅ヘルゲート・ムーンを召喚し能力を使うので、効果が保留されるようなことにはならないと思うのだけれど。

投稿: なんで太郎 | 2012年9月16日 (日) 16時44分

大喰のテキストが
■自分のマナゾーンのカードをタップした時、そのカードを自分の墓地に置く。
なので、ヘルゲートを場に出す前にこのトリガーが先に発動し、その後ヘルゲートを場に出しcip処理へ移る、という解釈もありますね。

投稿: 名無し | 2012年9月18日 (火) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054693/47095023

この記事へのトラックバック一覧です: 大喰とヘルゲート・ムーンの処理について:

« 有名人に遭遇したんだよ。 | トップページ | ビャハはついに超次元の力をも取り込んだのだ »