« Akihabara FB | トップページ | 1/12 DR NEX »

Reversi

爆アド(笑)で局所的に話題になっているビャハデッキ。



『Reversi』

黒×19

2 x 解体人形ジェニー
3 x 魔光蟲ヴィルジニア卿
3 x 盗掘人形モールス
2 x 炸裂の影デス・サークル
2 x 威牙忍ヤミノザンジ
4 x 死神術士デスマーチ
3 x 死神の魔龍虫ビャハ
2 x 邪魂創世

青×16

4 x エマージェンシー・タイフーン
4 x フェイト・カーペンター
2 x 斬隠テンサイ・ジャニット
1 x アクアン
2 x アクア・バースター
1 x サイバー・ブレイン

レインボー×5

4 x 幻槍のジルコン
1 x リアルとデスの大逆転

マナカーブ

1マナ: 4
2マナ: 4
3マナ: 6
4マナ: 11
5マナ: 12
8マナ: 3

みよ このみごとなまでに かたよったまなかーぶを!!

冗談はさておき、このデッキ何だかんだで5~6ターン目に《ビャハ》が出て、出たターン中にMBが撃てます。

そんでもって、青単速攻なんかにもワンチャンス逆転可能。
組んで回してみるまではカジュアル用だと思ってましたが、結構ふつーに闘えます。
それでも緑なし、マナ回収皆無の構築なので、序盤のプレイングは結構難しい感じですがね・・・

需要があるかは不明ですが、デッキのまわし方や各カードの解説など以下に書き残しておきます。

■《ビャハ》の出し方、そしてMB発動まで。

理想パターン

2ターン目: 《エマージェンシー・タイフーン》。墓地のクリーチャー+1。
3ターン目: 《フェイト・カーペンター》。墓地のクリーチャー+2。計3。
4ターン目: 《邪魂創世》。墓地のクリーチャー+1。計4。
5ターン目: 《幻蒼のジルコン》+《死神術師デスマーチ》。墓地のクリーチャー±0。計4。
6ターン目: 《死神術師デスマーチ》プレイ後(墓地のクリーチャー3)、《魔光蟲ヴィルジニア卿》から《死神の魔龍虫ビャハ》をプレイ(進化元に《デスマーチ》2体)。即MB発動(墓地のクリーチャー6)。
7ターン目: 《盗掘人形モールス》のG0条件は達成されているので。そこからさらに《魔光蟲ヴィルジニア》《死神術師デスマーチ》を連打。あとは数に任せて圧殺。

上記は本当に理想的な回りの場合。

一般的なMB発動手順は以下の通り。

確定MBパターン。

①《死神術師デスマーチ》2体を進化元に《死神の魔龍虫ビャハ》をプレイ。すでに下に4枚のカードが存在するので、即MB発動発動可能。

準確定パターン。

②《死神術師デスマーチ》と《魔光蟲ヴィルジニア卿》を進化元に《死神の魔龍虫ビャハ》をプレイ。すでに場に出ていた《フェイト・カーペンター》、《アクアン》などの小型クリーチャーで相手のクリーチャー目がけて自爆特攻。1体仕込めれば、それでMB発動条件達成。
ビートダウン相手に有効な手法。

③G‐0条件達成後、《盗掘人形モールス》G-0(《魔光蟲ヴィルジニア》回収)。《魔光蟲ヴィルジニア卿》プレイし《死神の魔龍虫ビャハ》を回収。出したばかりの《盗掘人形モールス》と《魔光蟲ヴィルジニア卿》を進化元に《死神の魔龍虫ビャハ》をプレイ。2体自爆特攻(もしくは《死神術師デスマーチ》1体)でMB発動条件達成。

《魔光蟲ヴィルジニア卿》からの《死神の魔龍虫ビャハ》のプレイの同一ターン中に《死神術師デスマーチ》のプレイが出来ればMB発動条件達成は容易。自爆特攻するクリーチャーは状況に合わせて選ぶこと。

■カード解説

《死神の魔龍虫ビャハ》: デッキコンセプト。最大8枚のカードを奪い去るそのMBは、一撃で戦況をひっくり返す。状況次第ではリンクしている神ですら一撃で解体。まさに爆アド(笑)。

《死神術師デスマーチ》: このデッキにおける最重要カード。たぶんその重要性は《ヴィルジニア》以上。こいつのおかげで出したターン中でのMBが可能となっています。序盤の守りの要から、《ビャハ》の効果起動後、数で押し切る上でも便利な万能クリーチャー。

《魔光蟲ヴィルジニア卿》: 《ビャハ》踏み倒し。MB後は《デスマーチ》、《モールス》あたりを回収して大量展開を狙いに行きます。

《盗掘人形モールス》: 大量展開補助。《ビャハ》のMB起動後であれば、ほぼG‐0条件は達成されてるはずなので、こいつを連打し、さらに《デスマーチ》、《ヴィルジニア》も合わせて一気にアタッカーの数を増やします。大量展開からの圧殺がこのデッキにおけるフィニッシュ方法なので、終盤このカードを握れるかどうかは結構重要。

《炸裂の影デス・サークル》、《アクア・バースター》: 最新弾より採用。序盤の防御を担いつつ、墓地のクリーチャーも増やしてくれるため、終盤の《モールス》連打への布石に。
特に《デス・サークル》は《デスマーチ》に繋がるためかなりGOOD!!

《幻蒼のジルコン》: 墓地が増やせる黒のクリーチャーで且つブロッカー。《ヴァルディ》で焼けないってのは、結構うざいらしいです。《ビャハ》の進化元であり、スムーズに《ヴィルジニア》に繋がります。

マナ回収がないんで、序盤のマナ置きに注意が必要ですけど、MBは案外簡単に決められて、そこからの逆転なんてのもしょっちゅうあります。

速攻相手にも《デスマーチ》何かで序盤を捌ければ、ワンチャンスあるデッキなんで、《ビャハ》当たったけどどうしようって方は一度お試しあれ。

最後に、

プレイした《ビャハ》がMB使わずに1ターン生き残る何てのはまやかしだ

それに期待してデッキを組むなら、ちょっと構築理念を見直したほうがいいと思うよ。

効果を使ってなんぼなら、即発動できる様な構築を考えるべき。そこで速攻は無理なんてのも無し。

速攻乗り越えてコンボ決めるぐらいの気概を見せろってんだ。

|

« Akihabara FB | トップページ | 1/12 DR NEX »

DM(デッキ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054693/32952897

この記事へのトラックバック一覧です: Reversi:

» 一阿のことば 23 [ガラス瓶に手紙を入れて]
何故軍隊特に海軍のことを何度も何度も書くかと言うと、あらゆる国家は政治と軍の二輪で走っているからです。そして私は海軍のことしか知らないからです。経験しない事を書くと作り事になる恐れがあります。 [続きを読む]

受信: 2010年1月12日 (火) 20時20分

« Akihabara FB | トップページ | 1/12 DR NEX »