« Karaoke | トップページ | DDB »

Tower

kanjuさんや虎さんのDMタワーで遊ばせてもらって、自分でも作りたくなっている今日この頃。

進化クリーチャーを導入してみたいんだけど、どうやったらバランスが取れるのか検討中。

以下、現在検討中の案。

・進化クリーチャーはタワーデッキ本体に含めず、別に一定枚数準備。

・召喚には《グローリーソード》をクロスしたクリーチャー一体以外に、出したい進化クリーチャーと同じ色のクリーチャーを準備。

・進化クリーチャーのマナコストを支払い、《グローリーソード》をクロスしたクリーチャーと色条件を満たすためのクリーチャーを墓地へ置き、その進化クリーチャーをバトルゾーンへ。

遊戯王のシンクロ召喚のシステムがモデルです。

召喚の際にクリーチャーを墓地に送ることで、一方が《グローリーソード》を占有させることを避け、墓地リソースを増やすようにすることで相手側にもアドバンテージが加算されるように考えてみました。

実際にタワーを組んでいない今、このシステムでバランスが取れるのかまったくもってわかりません。

上記の条件に加えて、召喚したい進化クリーチャーと墓地に送るクリーチャーの合計コストもあわせるところまで要求した方がいいのかな?

あと、使用する進化クリーチャーの選定も結構問題。

タワーDMにおいては高パワー、SAはそれだけで危険なスペックとなるのでかなり厳選が必要。

ましてや進化クリーチャーの大半はW・B持ちだから使えるのが少なそう。

《ヴァルガイザー》、《カオスワーム》辺りはそんなにパワーが高くないからいけそうかな?

でも、ボードアドバンテージを持っていくからやっぱり強すぎ?

《エンペラー・マロル》とかはすぐにバウンスされちゃうからいけるのか?

やっぱり一回組んで見ないことには始まんないんですかねぇ・・・

追記

タワーDMは後半マナが大量にあるから残りのマナで《グローリーソード》が占有される可能性大。《グローリーソード》案は没か。

チューナーのポジションを軽量G0サイクルを使ってみるのはどうかと頭によぎった。

さて毒電波で無ければよいが・・・

|

« Karaoke | トップページ | DDB »

DM」カテゴリの記事

コメント

自分も進化クリを導入したタワーを研究してます。
タワーデッキの方と、進化デッキの物を別々に用意して、初めて5マナ溜まるまではタワーを引かないとダメ。
それ以降は引くときに選ぶ。
とか


進化種は手札から進化する事を条件にしたり。


手札から進化するので、手札の消費が激しい。
更に、トップで引いても使うことが出来ないのでなんともいえないよ。
というのがなかなかバランス的には良いかな?と。

1ターンで消滅してしまうようなルールを作ればパワーが高くてもアドバンテージを稼げないので使うことも出来るかもしれませんね。

投稿: 季風 | 2009年3月 8日 (日) 09時27分

進化は大抵が強力なカードなのでバランスが難しいですね。
能力が場に出た時よりも永続的だったりアタックトリガーな分、豪快ですからw

あとは追加ルールが複雑だったり多いと「とっつきにくい」という先入観が生まれてしまいます。
(最初のシンクロがそうであったように)
普通にタワーを組んでみて、そこに少し入れてみるか…
私は分身である《ビャッコ》や《無垢なる宝剣》ガン積みで考案中です。

Kanjuさんと話していて「スタート時からお互いの場に《グローリーソード》がジェネレートしてある」というルールもシンプルですね。

投稿: | 2009年3月 8日 (日) 14時02分

>季風さん
>虎さん
まずはタワーをひとつ組むところからはじめて、進化手順に関しても再考してみます。
ご意見感謝です。

投稿: くろからす | 2009年3月10日 (火) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054693/28517762

この記事へのトラックバック一覧です: Tower:

« Karaoke | トップページ | DDB »